新住宅展示場 「感木~kanki~」


今まで木造住宅を建てていく場合、梁を繋ぐジョイント部分には補強用として“羽子板ボルト”というボルトが用いられてきていました。
しかし、羽子板ボルトは経年による劣化や、住宅完成後の木材乾燥による緩みへの対応、また使用する場所によっては全く効果がなく、梁のガタ付きなど欠陥住宅の原因の一つとして言われてきました。


そこで田中工業では、羽子板ボルトではカバーしきれない梁のガタ付きを解消するために開発された“永久自動締め付けボルト(T・Kボルト)”を使用する新技術、T・K工法住宅を採用した木造住宅“ずっと強い家”を推奨しています。T・K工法とは梁と梁を繋げる箇所に取り付け後の後締め可能なT・Kボルト、永久自動締め付けのT・Kオートボルトなどを使用し補強する工法の事です。
新築はもちろん、増築、車庫、倉庫、真壁住宅の補強にも最適な工法です。今までの木造住宅工法にプラスアルファの新技術で、いつまでもガッチリ強く、安心な住宅の実現が可能になります。



“ずっと強い家”はいつまでもに梁と梁がすき間無くガッチリと繋がっているため緩みが無く、台風時の横風や地震の揺れにも強くなります。「せっかく建てる住宅なのですから、台風・地震に強く、耐久性にも優れて安心して住める家にしたい」そんな思いから生まれた“ずっと強い家”に使用されているT・Kボルトは、建築金物の中でも強い耐久性を持っていますので、安心して住める家が実現できます。



住宅に使用される木材は呼吸するため、痩せる現象がおこり、家全体がガタガタになります。T・Kオートボルトを使用するT・K工法は、半永久的に自動で締め付けを行うため、今まであった家全体のガタつきをずっとなくすことができ、あと締めの必要がありません。



新築・増築・補強を考えておられる方には「新築して実際住宅の構造がどうなっているのか?」「自分の住宅に使われている金物は大丈夫なのか?」「地震・台風にたいしての強度があるものをつかっているのか?」など心配になることがたくさんあると思います。その中でも特に気になることが住宅完成後のメンテナンスだと思います。“ずっと強い家”に使用するT・Kオートスクリューは住宅を建てられたあとでも使用することが可能なので、完成後のメンテナンスも可能です。

地震・台風に強く、あと締めに必要が無く、メンテナンスも可能な“ずっと強い家”─。
T・K工法のサンプルを田中工業住宅展示場“感木”に展示中です。実際に見て、その構造、強さを実感してみてください。