コーポラティブハウスモデル事業

「まちムラの会」
代表者:田中工業株式会社 構成員:株式会社本間設計事務所、有限会社木下建築研究所


 鳥取市の中心市街地は、空地や駐車場などの低未利用地が、平成15年からの4年間で約2.6haも増加し、また、昭和40年代に全市人口の約2割を占めていた中心市街地の人口は、現在では約6%にまで落ち込んでいます。
 また、市民を対象に行ったアンケート調査では、約20%の方が街なかに住んでみたいと回答されながらも、多くの方が郊外等を選択されているのが現状です。
 こうしたことを踏まえ、平成21年3月に建築、金融、まちづくり等に関する有識者からなる「鳥取市街なか居住推進調査研究会」より、「街なか居住の推進に向けての提言書」が提出されました。
 この提言を受け鳥取市では、市の駐車場用地に「定期借地権方式※1 によるコーポラティブハウス※2 」をモデルとして建設していただける事業者(コーディネータ)を募集したところ、「まちムラの会」が最優秀提案者として選定されました。
 今後、「まちムラの会」が提案する事業計画で、コーポラティブに参加していただける方々を募集し、事業の実現手法を公開していくことによって、現下の厳しい経済情勢を勘案しながらも、民間活力による継続した街なか居住の展開を図っていきたいと考えています。

※1 地主は土地を賃貸し、その土地に借地人が住宅を建設します。土地購入費が無いため、手頃な価格で中心市街地の住宅地にふさわしい中低層の住宅を供給することが可能です。
 近年はそうしたニーズも高まりつつあり、定期借地権を活用している自治体も少なくありません。

※2 自ら居住するための住宅を建設しようとするものが組合を結成し、戸建て注文住宅と同様に設計段階から共同で好みの住宅を建設する方式の住宅です。
 直接設計者と打ち合わせを行い、設計を進めるため、自分のライフスタイル、感性に合ったこだわりの住空間をつくることができ、また、自然とコミュニティが育まれます。


 土地所有者である「鳥取市」と「まちムラの会」が、提案する事業計画に基づいて事業を行うことを目的として事業協定を締結します。


 計画地は現在、市有地であり公用車置場となっています。若桜街道と智頭街道に挟まれた西町2丁目の一角にあり、北側には都市公園、また近くには病院・公共施設・教育施設などが整っており、暮らす場所には最高の環境です。

クリックすると拡大表示されます。


久松小学校まで 約6分 
北中学校まで 約12分
愛真幼稚園まで 約3分
ルーテル幼稚園まで 約6分
小さき花園幼稚園まで 約6分
久松幼稚園まで 約6分
むつみ保育園まで 約7分
わらべ館まで 約2分
西町広場(仮称)まで 約2分
鳥取赤十字病院まで 約3分
県立図書館まで 約6分
スーパーまで 約8分
くる梨(青バス:福祉文化会館)  まで 約2分
くる梨(赤バス:片原二丁目) まで 約3分
(いずれも徒歩80m/分)


 5戸の住まいは、陽だまりの道を囲む形でつながります。
 一人ひとりの暮らしを大切にしたふれあいと遊びの空間は、木かげの家や、野菜畑、大きなムクの木と一緒になって、いろいろな楽しみの舞台となります。
 住戸は南東の日差しを受ける様に配置し、棟の高さを抑えた計画で、久松山系の山並みや景観に配慮します。
 また、「光熱費「0」の住まい」、「省エネ、省資源住まい」、「安全安心、健康な住まい」、「県産材を活かした、地産地消の住まい」に対応できる住宅を目指します。


名  称 鳥取西町コーポラティブハウス
所 在 地 鳥取市西町2丁目410番地の1
用途地域 近隣商業地域
敷地面積 790.65㎡
事業概要 事業方式 50年定期借地方式
募集戸数 5戸(駐車場1台含む) 専用住宅又は条件付併用住宅(※1)

(※1)条件①住宅以外に供する部分が延床面積の1/3以下となるもの。②運営、管理などは全てその住宅所有者が行う。③設置目的や事業計画の分かる資料を提示する。④敷地内及び周辺地域のコミュニティ活性化に寄与すると土地所有者が認めるもの。
一戸当りの延床面積  100㎡ ~ 120㎡程度       
分譲価格 一戸当たり 約2000万円~約2300万円程度       
地  代 保証金100万 月額/23.000(駐車場1台含む)


・建物は木造で計画(県産材利用住宅)
・長期優良住宅により、50年間良好な状態で住み続けられる。  
・フラット35に対応  
・オール電化住宅及び太陽光発電、エコキュート等にも対応  
・二世帯住宅でも希望により対応


・H24年3月~ 工事着手  
・H24年9月頃 一期工事完成・入居(3組)  
・H24年11月頃 全戸完成・外構完成・入居(2組)



クリックすると拡大表示されます。